NEXT-BAND’s

日々生まれる若きバンドマンとリスナーの橋渡しをするウェブメディア

ヒトリエは訃報なんかで有名になって欲しくなかった

f:id:umiyuku:20190408192910j:plain

 

ロックバンド・ヒトリエのギターボーカル並びにボカロPでもあるwowakaさんが、4月5日に急性心不全のため亡くなりました。

 

あまりにも突然すぎる訃報にはもはや驚きや悲しみの感情は湧き上がりません。

 

ただただ悔しいのです。

 

彼の音楽が世に誕生したのは今からちょうど10年前の2009年のこと、当時は現実逃避P

というP名で活動を開始し、以降『裏表ラバーズ』ローリンガール』『ワールズエンド・ダンスホールなど数々の名曲を世に排出していきました。

 


wowaka 『ローリンガール』feat. 初音ミク / wowaka - Rollin Girl (Official Video) ft. Hatsune Miku

 

あまり不用意に使う言葉ではないことを承知の上で使わせてもらいますが、彼は間違いなく天才でした。

 

まだボーカロイドというジャンルが一般的でなかったにも関わらず、彼の曲はそれまでの「音楽」の固定概念をぶち壊すほどの実力を持っていたのです。

 

そして2012年、ついにボーカロイドでの活動を卒業しロックバンドという新たなステージへと旅立つ。それがwowaka率いるヒトリエというバンドの軌跡です。

 

ご存知だったでしょうか?ヒトリエというバンドの存在を。名曲の数々を。

 


ヒトリエ『センスレス・ワンダー』MV / HITORIE - Senseless Wonder

 

正直なところ、ボカロPとしての知名度と比べればヒトリエというバンドの知名度は微々たるものだったと思います。

 

もちろんバンド界隈ではかなり有名なバンドとして認知されていましたし、アニメのタイアップでもよく起用されていましたので、一般の知名度もそこそこあったと思います。

 

ただ個人的には、一人のファンとしては、もっと有名になって欲しかったし、間違いなくその実力はあったと確信していました。

 

今度はロックバンドというステージで、大衆の「バンド音楽」に対する固定概念をぶち壊してくれると信じていました。

 

だからこそ今回の訃報が悔しくて堪らないのです。

 

ヒトリエのボーカルとしてではなく、ボーカロイドのボカロPとして話題になってしまったことが。

 

 

バンド史上最大のニュースが訃報になってしまったことが。

 

今後、ヒトリエというバンドがどのように活動していくのかは分かりませんが、バンドの要であるボーカルが消えてしまった今、これまでと同じように活動するのは実質不可能でしょう。

 

それでも彼らがヒトリエとして活動を続けていくなら、できる限り応援したいですし、酷かもしれませんが期待もしています。

 

願わくばこれからのヒトリエの音楽が日本全国に、そして天国まで響きますように。

 


ヒトリエ 『青』 / HITORIE - Ao

 

ご冥福をお祈りします。

2019年絶対に注目される!されて欲しい!バンド7選

平成最後の大晦日も終わり、ついに2019年になりました。

 

昨年はどんな音楽を聴いてきたでしょうか?カラオケで米津玄師のLemonを歌ったでしょうか?

 

目まぐるしく変わる日本の音楽シーン。特にバンド生命とは脆く儚いものです。

 

今回はそんな一瞬の輝きに賭けたバンドマン達をご紹介します。

 

なるべく数多く紹介したいので、昨年あたりから注目されているバンドも交えて紹介していくつもりです。

 

「こいつはもう売れてるやろ!」とかいう野暮な意見はYouTubeのコメント欄にでも投げつけといてください。

 

それでは早速紹介していきます。

 

続きを読む

9月になること。学生はtetoを聴くこと

f:id:umiyuku:20180901105014j:plain

 

8月も終わり、世間の小中高生たちは夏休みが終わりますね。

 

ちなみに私は先月仕事を辞めたので、今月から無期限の夏休みが始まります。誰か私の夏休みを止めてくれ。

 

話が逸れました。8月が終わるということはつまり、9月になること。

 

学生の頃はあんなに嫌いだった9月。でもこの歳になると7月、8月のエネルギーがしんどくて、逆に9月の落ち着き具合、というより真っ白に燃え尽きた感が妙に心地良いのです。

 

そんな9月といえば彼ら。tetoを今回は紹介していきます。

 

続きを読む

なんで日本のバンドが流行らないのか考えてみた

f:id:umiyuku:20180830151737j:plain

日本でバンドが流行ってくれないと困る。

 

具体的に何が困るかというと、一つはあまり仲が良くない人と会話をしていて「 好きな音楽は何ですか?」 と聞かれた時に答えあぐねること。 バンドが好きと答えても、大体会話が続かない。

 

もう一つはカラオケに好きなバンドの曲が入ってない。 韓国の曲はいっぱいあるのにね。

 

私困ってます。ええ。

 

なので今回、 というか初投稿になるのですが、「どうしてバンドが流行らないのか」を勝手に考えて勝手に結論付けます。

 

レーベルが〜!!とかJA○RACが〜!!!とか社会批判まがいの意見はあまり取り入れません。よく分からんし、結局変わらないし。

 

面白い本はいつの時代でも面白いし、かっこいいバンドは未来永劫かっこいいに決まってる。

 

そんなバンドが流行って欲しいじゃない!カラオケで歌いたいじゃない!

 

そんな欲望にまみれたブログですが、このブログの趣旨を最後に発表するので、せめて最後の行だけ読んでくれると嬉しいです。

続きを読む